千葉の外壁塗装 > 外壁塗装の耐用年数について

外壁塗装の耐用年数について

外壁塗装に利用する塗料によって、その塗装の耐用年数が大きく異なります。塗料の種類は、大きくアクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料の4つに分けることができます。

アクリル塗料は、耐久性が最も低く、大体4年から7年程度だといわれています。ウレタン塗料はアクリル塗料と比べると長くなり、6年から10年になります。その次に長いのがシリコン塗料になり、8年から12年といわれています。現在最も長持ちする塗料が、フッ素塗料の15年から20年になります。

当然、耐用年数が長くなればなるほど価格も高くなります。また、上記の耐用年数はあくまで目安になりますので、使い方によって長くなったり短くなったりします。例えば、メンテナンスをマメに行っていれば実際よりも長く使えることがありますし、逆にケアをしなかったりその建物が建っている環境が悪かったりすると、使える期間が短くなることもあります。

頻繁に塗装を行って色を変えていきたいという方は、アクリル塗料を利用するとよいでしょう。逆に、長期的に塗装を長持ちさせたいという方は、フッ素塗料やシリコン塗料を利用するとよいと思います。

価格で塗料を決める方もいらっしゃると思いますが、一時的な出費を抑えたいのであればアクリル塗料がよいと思います。しかし、長い目で見ると結果的に長持ちする塗料の方が安くつくこともあります。手間などを考えると耐用年数の長い塗料の方がコストパフォーマンスがよいこともあるので、業者とよく相談して使用する塗料を決めていきましょう。

千葉の外壁塗装